2015年07月25日

川口リリアホールで演奏。津軽三味線とも共演

7月25日(土)、川口リリアホールで開催された「国際文化交流2015」で、TBEのメンバーが出演。津軽三味線とのコラボで一緒に「カチューシャ」を楽しく演奏しました。
posted by 三角女子男子 at 11:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月12日

猛暑にも負けず、夏季強化合宿!

PhotoGrid_1436854289423.jpg台風11号が熱風を送り込んで来た初日から、わたしたちは茨城県守谷市にあるデュープレックスセミナーホテルで夏季強化合宿に臨みました。7月11日(土)の13時から、なんと夜は21時まで、そして翌日12日(日)は17時までという、長時間にわたり練習に明け暮れました。猛暑にも負けず! です。
練習曲はもちろん11月の第7回定期演奏会へ向けた15曲。今回は「バラライカの父」と言われるアンドレーエフの曲が一つのテーマ。アンドレーエフに失礼のないようにと一所懸命練習に取り組みました。それからもう一つは、指揮者の吉岡先生が編曲してくださった「白鳥の湖」の「情景」と「白鳥の踊り」――これは、東京バラライカ・アンサンブルにとって今後、珠玉となるレパートリーの一曲です。日本で、ロシア民族楽器オーケストラが奏でる初めての曲となるからです。だから、十分に気を引き締めて練習しました。練習を終えて、吉岡先生からは、これまでのパートや個人の練習の成果が合宿に出ていたこと、さらに当日までに曲作りに励まなければならないことなど、講評をいただきました。また、一曲ごとに詳細にわたっての指摘も。
番外になりますが、1日目21時以降の一杯目のビールのなんと美味かったこと! その後焼酎となり日本酒となり、おしゃべりあり歌ありで盛り上がったことは言うまでもありません。決して若者グループではないTBEですが、メンバーの体力には驚くばかりでした。

posted by 三角女子男子 at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月28日

高校生たちのバラライカ体験――第2弾

20150628_111326.jpg20150628_111619.jpg4月に初めて高校生たちのバラライカ体験が行われましたが、それに引き続いて6月28日(日)、再び練習の機会が訪れました。今回は、前回の幾人かのメンバーに加えて、初参加という高校生3人、大学生1人が参加。参加者9名の練習となりました。
初めて参加した高校生に感想を聞いたところ、「弾き方は難しく、思った以上に力が要るんですね。弾き方がマスターできたら格好いいと思いました」「楽しかったです。もうちょっと覚えたい」と興味津々の様子でした。
また、アドバイザー兼引率者の福田さんの話では、前回参加した高校生たちはロシア語の教室で他の生徒たちにバラライカを弾いて見せたりしていたそうです。何とも積極的ですばらしいことです。前回から今回に至る彼らの様子は、奏法・合奏の指導に当たった八田圭子TBEマネージャーにもひしひしと伝わりました。「前回参加された高校生たちがすごく練習していることが感じられました。それから、譜面にかじりつくのではなくて、指導している人の弾き方を真似しているんですね。これはとても良いことだと思います」と。
今回の体験練習に初めて参加した大学生のNさんは、ギター経験もあるとのことで、バス・バラライカに興味を持ち、積極的に音を鳴らし、TBEに早速入団することになりました。頼もしい限りです。
posted by 三角女子男子 at 11:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月05日

高校生たちのバラライカ体験

20150405_115638.jpg20150405_105117.jpg20150405_113405.jpg20150405_113749.jpg4月5日(日)の午前中、護国寺の文京区アカデミー音羽にて、高校生たちのバラライカ体験を行いました。参加した高校生は、早稲田大学高等学院、都立北園高等学校、関東国際高等学校からの5人。それから、高校生たちのロシア語力向上とロシア文化への関心を深める活動(※)のアドバイザーである福田知代さんと、彼女からロシア語を学んでいるという北川貴英さんの参加でした。ちなみに、北川さんはシステマ(ロシアン・マーシャル・アーツ)の格闘家とのこと。

さて、体験は、プリマ・バラライカの基本的な奏法の説明を受けて、ロシア民謡「カリンカ」などの合奏まで、わずかの時間にも関わらず順調に進みました。指導をしたTBEの八田マネージャーやメンバーは、彼らの吸収力に驚きを隠せません。「若い人の脳の柔らかさ、音楽の吸収力には敵いませんね。さすが高校生!」というのが率直な感想でした。体験してみた当の高校生たちの感想はというと、「楽器弾くのは初めてだったけれど、意外とわかりやすかった」「知識では知っていた。でも、空想のものが現実にやってきたという感じ。バラライカをきちんと認識できて、うれしい」「初めてバラライカに触った。最初は難しかったけれど、自分が予想した以上に弾けるようになったので、うれしく思う」と話していました。

その後、バス・バラライカやコントラバス・バラライカにも接してもらいました。その大きさや音の響きにも興味津々の高校生たち。実際に弾いてみるなど、楽しい時間を過ごせたのではないかと思います。最後に「練習をしたい方にはバラライカをお貸ししますよ」との声かけをしたところ、全員がすっと手をあげたのです。そうして、プリマ・バラライカは「お持ち帰り」となりました。それほど関心を持っていただけるとは!――教え甲斐も最高潮に達し、うれしさも倍増です。

「実は、関東国際高校の秋のクロスカルチャー(文化祭)のエキシビジョンのような場で、みんなでバラライカを合奏できたら・・・と思っているんです」と、今回の体験を企画した福田知代さんはそんな思いを描いています。そして、体験について「みんな頑張って弾いて、うれしそうだったので良かった」と明るい笑みを浮かべました。もし実現したら、TBEのみんなでエールを送りに行かなければいけませんね。

(※)この活動の団体名は、проект близкий:東京都内ロシア語三校合同プロジェクト。
posted by 三角女子男子 at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月14日

恒例のTBE忘年会、今年も余興満載でした

collage1.jpgcollage2.jpg12月14日(日)はTBEの今年最後の練習日でした。今年は第6回定期演奏会も成功裡に終わり、TBEにとって充実した1年となりました。この日の練習会場は経堂にある東京ロシア語学院の教室を借りて。いつもは護国寺にあるアカデミー音羽なのですが、練習会場がちょうど衆議院選挙の投票所となってしまったのです。
そして、練習の後はもちろん忘年会。経堂の駅近くの中華料理屋さんで。例年通り、今年も余興が盛りだくさんでした。ロシア民謡をロシア語で歌う人たち、ドムラ・マーラヤとギターで歌うH兄弟、「ヴァリンカ」を弾くプリマ・バラライカのグループ、果ては郡上踊りを披露するメンバーも。極めつけは、吉岡先生のテルミン演奏でした。最近通販で買ったとのことで、忘年会に持ってきてくださいました。
宴の終わりはもちろん「三本締め」。来年の第7回定演(11月)を目指し気合を入れ、散会しました。



posted by 三角女子男子 at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする