2016年11月27日

第4回バラライカ・フェスティバル開催!

清々しい青空の下、藤野芸術の家(神奈川県)にて11月26日(土)、第4回バラライカ・フェスティバルを開催しました。フェスティバルは27日(日)までの2日間です。各地から30人を超える参加者(講師陣含め)が集い、ハイキング日和にもかかわらず、ホールやスタジオにこもり、基礎レッスンや特別レッスン、グループレッスン、ガラ・コンサートに明け暮れました。

ガラ・コンサートでは、25曲(25人)のソロ演奏、5曲の合奏が披露されました。ソロはギター伴奏(一部バラライカ伴奏)で曲は一層深く豊かに表現されました。合奏について紹介しますと、ララ・アンサンブル(山梨グループ)より「黒い瞳の」(ロシア民謡)、マリンカ・マヤー(経堂グループ)の「野には風もないのに」(A.シャーロフ)、ツクバツカヤ・バラライカ(つくばグループ)の「野に立つ白樺」(B.アフクセンチェフ)、アンサンブル・ラーラ(TBE)の「村から村へ」(B.アフクセンチェフ)、クラスナヤ・ローザの「カマリンスカヤ」(A.シャーロフ)と続きました。そして最後には、初日に配布された新譜、ウクライナ民謡「コサックはドナウをめざす」を全員で合奏しました。
個人、グループとも回を重ねるごとに上達していることが感じられ、感動を共有するコンサートになりました。初めて参加したミハイロフさん(なんとロシア人:本人いわくソ連人)からは、「大勢が参加するフェスティバルは意義あることと期待を抱いて参加しましたが、その期待を上回るものでした」との感想。
また、初日の夜には、トリオ・マトリョーシカのミニ・コンサートもあり、バラライカの音色を全員で堪能しました。
このフェスティバルの成功に欠かせない人たちがいます。裏方を一切引き受けてくださる伊藤さんご夫妻です。第1回から欠かさず支えていただいています。お二人に感謝!――です。

posted by 三角女子男子 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

TBE35周年記念演奏会に向けて、合唱団白樺の本格的練習がスタート!

PhototasticCollage-2016-0925白樺練習.jpg9月25日(日)の夕方、合唱団白樺の、TBE35周年記念演奏会に向けた練習が本格スタートしました。
記念演奏会は来年の4月1日(土)、紀尾井ホールにて開催です。合唱団白樺は「ふるさと春夏秋冬」をTBEの民族楽器の伴奏で合唱します。「ふるさと春夏秋冬」は、吉岡弘行(TBEの常任指揮者)が編曲した合唱曲で、「早春賦」に始まり、「蝶々」「夏は来ぬ」「我は海の子」「村祭り」「赤とんぼ」「紅葉」「雪やこんこん」「冬の夜」「春が来た」と綴り、「ふるさと」でフィナーレとなります。日本の四季が色鮮やかに浮かび上がる合奏です。
この日、新宿立赤城生涯学習館の一室にて、吉岡先生の指導の下、熱気のこもった練習が展開されました。実行委員会から数人、ご挨拶にも伺いました。練習の様子に接して、わたしたちTBEの伴奏も「負けてはいられないぞ」と気持ちが高揚しました。合唱団白樺の皆様、どうぞよろしくお願いします。
posted by 三角女子男子 at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

仙台ロシア合唱団第3回演奏会に出演し、元気とパワーをいただきました。

PhotoGrid_1473653575734.jpgimage1.JPG9月11日(日)、日立システムズホール仙台で開催された、仙台ロシア合唱団第3回演奏会に出演しました。
客席は満員で、大盛況でした。仙台ロシア合唱団がいかにたくさんの友人たちに愛されているか、伝わってくる演奏会でした。
打上げパーティもエネルギッシュ! 「乾杯の歌」に始まり、次々とロシア民謡を合唱し、さすがに歌好きの合唱団の打上げ。風の噂では、本番に負けず劣らず、打上げにも力を入れているんだとか。次に参加させていただきときは、わたしたちも何か出し物を準備していかなくては…と思わされました。
打上げも終わりホテルに帰ってからも、わたしたちの行動は止まることを知りません。近場の居酒屋へ有志で二次会に繰り出しました。残念ながら宮城のお酒ではありませんでしたが、サンマを肴に一升瓶を空けてしまいました――楽しいんだからしょうがない。これも、仙台ロシア合唱団にパワーをいただいたおかげ?
写真上は、本番待ちの楽屋にて、全員揃ってはいなかったけれど、記念写真を撮りました。
翌日、帰京の新幹線まで時間があったので、それぞれ買い物を楽しんだり、中には青葉城跡まで行って伊達政宗公と記念写真を撮ったりしたメンバーもいましたよ。
posted by 三角女子男子 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月24日

9月の仙台ロシア合唱団第3回演奏会に向けて、音合わせ

PhototasticCollage-2016-07-26-00-17-34.jpg9月11日(日)に開催される仙台ロシア合唱団第3回演奏会にTBEが出演します。そこで、7月23日(土)の第3回ロシア音楽祭に出演した仙台ロシア合唱団は東京に一泊し、24日(日)の午前中、わたしたちTBEと音合わせ・練習をいっしょに行いました。前日のロシア音楽祭の後、わたしたちは家に帰ることができましたが、仙台ロシア合唱団の方々はホテルに宿泊、さぞやお疲れかと思いきや、みなさん元気いっぱいで練習場(文京シビックホールB1、練習室1)に現れました。わたしたちもその元気をいただいて練習に励むことができました。仙台ロシア合唱団の皆様、ありがとうございました。
仙台の演奏会では、第2部では吉岡弘行先生に指揮でTBE単独演奏をさせていただきます。第1部では小編成で、第3部ではTBE全体で仙台ロシア合唱団の指揮者、小林康浩先生の指揮で合唱伴奏をします。ですから、音合わせ・練習は第1部と第3部の伴奏曲です。ほとんどが新譜です。小林先生から、曲想をお聞きしたり、ある部分は音量を押さえて弾くように、ある部分は「衝撃的に。ドゥルルルと」弾くように――と丁寧な指導をいただきました。
こうして、練習時間はあっという間に過ぎてしまいました。あとは、9月に向けて練習あるのみ、です。
(写真は、仙台ロシア合唱団団長の三橋吉則さんからいただきました。ありがとうございました。)
posted by 三角女子男子 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月23日

ロシア音楽祭出演、直前のリハーサル

PhototasticCollage-2016-07-24-19-54-22.jpg7月23日(土)、新宿文化センター大ホールにて「合唱・民族楽器・舞踊による第3回ロシア音楽祭」に出演しました。23団体、700名近い参加者が集まったので、リハーサルは当日、直前に行われました。わたしたちTBEは第2部からの出演。14:16分着替え、14:35〜16:24にリハーサルと、スケジュールは分刻みでした。なにせ23団体が順に入れ替わるのですから、当然ですね。
リハーサルでは、TBE単独演奏曲――「白鳥の湖より『情景』」、「音楽的絵画『市場にて』」――に続いて、仙台ロシア合唱団の合唱伴奏――「ステンカラージン」、「キエフの鳥の歌」――を合わせました。仙台ロシア合唱団のみなさんも着替えを済ませ、男性たちはコサック帽(?)を被って登場。とれも良く似合っていたので、思わず「ヒュー、ヒュー」と声を出してしまいました。
こうして和やかに、しかし真剣に音合わせが終了しました。本番? もちろん満足感に浸りましたよ。
ちなみに、音楽祭の最後のステージは、国立モスクワ音楽院室内合唱団が特別出演しました。その表現力に「とてもすてきだった。鳥肌がたった」と感想を漏らしていたメンバーもいました。
(写真は、リハーサル風景。TBE47名、仙台ロシア合唱団23名でしたから、全員を写すことができませんでした。)
posted by 三角女子男子 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする