2017年11月29日

来日中のテレム・カルテットと交流、楽しい時間を過ごす

20171126_144340.jpg20171126_141159.jpg20171126_143403.jpg20171126_144643.jpg20171126_160154.jpg11月26日(日)、来日公演の合間を縫ってテレム・カルテットがわたしたちTBEを訪れました。
テレム・カルテットはロシアから来たロシア民族音楽アンサンブルで、クラシックからポピュラー、ロシア民謡まで民族楽器で奏でる‟音の魔術師″と言われているアンサンブルです。彼らの音楽スタイルは独自で、「ロシアのクロスオーバー」だとの紹介がありました。この日は、彼らの31周年の記念日だということでした。なんという偶然でしょう。お祝いの拍手を送りました。
始めに私たちから、歓迎の意を込めて2曲――チャイコフスキーの「エレジー」と「ロシアンジプシーソングメドレー」(2つのギター〜黒い瞳〜長い道を)を披露しました。そして、彼らから4曲――「каникулы любви」(恋のバカンス)、「Маленький Принц」(星の王子様)、「ベサメムーチョ」、「Барыня」(バールイニャ)――の演奏をプレゼントしていただきました。一曲一曲、気持ちを込めた、楽しく軽やかな演奏は、わたしたちへの大きな刺激となりました。わたしたちの演奏について、彼らは「音を柔らかく作っていることに感動、また集中力がすばらしい、これらを大切にしてください」との感想をいただきました。
演奏交流の後には、それぞれのパートと交流。どのようなピックが良いか、より良い弾き方のためにはどうすれば良いか――などアドバイスをいただきました。
とても温かく、楽しい交流のひと時を過ごすことができました。テレム・カルテットのみなさんに感謝、です。この後、12月1日、5日、6日と3公演がありますが、公演のご成功を心からお祈りしています。
posted by 三角女子男子 at 17:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

TBE運営委員長・後藤愼夫さんが逝去、お見送りしました。

20171016後藤さんA.jpg20171016後藤さんB.jpg20171016後藤さんC.jpg10月12日(木)、残念なことに、長年にわたり運営委員長として東京バラライカ・アンサンブル(TBE)を支え、牽引してくださった後藤さんが、病気療養の末逝去され、15日(日)にお通夜、16日(月)に告別式が、雨の中執り行われました。
両日とも、式場には「創立30年記念演奏会」のCDの曲が流れていました。ご霊前にはTBEとして供花を備えさせていただきました。
告別式直前に、コンサート・マスターの本田さんがドムラ・マーラヤで「ともしび」の生演奏を捧げました。告別式では本田さんが弔辞を述べさせていただき、後藤さんがいかにTBEを支えられてきたか、またたくさんの思い出をわたしたちと共有してきたかを語り、最後に「後藤さんの遺志を継ぎ、運営委員長としてTBEの歴史を刻んでいきます」と誓いました。出棺の時には、わたしたちが演奏した曲「古き菩提樹」でお別れをさせていただきました。
今頃は天国で、TBE創設者の故北川つとむ先生と再会し、創設時の苦労話やその後の「武勇伝」などを大好きなお酒を酌み交わしながら語り合っていることでしょう。安らかにお眠りください。そして、わたしたちをどうぞ天国からしっかりと見守ってください。



posted by 三角女子男子 at 16:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

ロシアの遭難漁民の慰霊祭に参列、ニコライ少年を偲ぶ

20170924ニコライ慰霊祭@.jpg20170924ニコライ慰霊祭A.jpg20170924ニコライ慰霊祭B.jpg20170924ニコライ慰霊祭C.jpg正しくは、露国遭難漁民慰霊碑建立25周年記念慰霊祭です。9月24日(日)午前、由利本荘市の深沢にある「夕陽の見える日露友好公園にて開催されたこの慰霊祭に参列しました。
1932年12月、ウラジオストクのとある漁港から漁に出た漁船が遭難し、深沢の沖に漂着しました。深沢の人たちが救助したとき、乗っていた4人の漁師のうち一番若い16歳のニコライが亡くなっていました。彼の死を可哀そうに思った深沢の人たちは、ニコライ少年を偲ぶ慰霊碑を25年前に建立したのだそうです。
式典では、ニコライ少年の甥にあたるユーリ・ガブリリューク氏がウラジオストクから来日し、追悼と感謝の言葉を述べられました。ウラジオストクからは10数人のロシア人関係者が来日、新潟からロシアの領事も参列していました。TBEもみんなで参列し、八田マネージャーが代表して献花しました。
最後に、参列者全員で追悼歌「空ひとつ 海ひとつ」を合唱。この歌は、ニコライ少年に捧げる歌です。この日、空は青く、日本海も青く輝き、空も海もウラジオストクにつながっているのだから安らかに眠ってくださいとでも言うにふさわしい景色が広がっていました。










posted by 三角女子男子 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする