2017年07月30日

グネーシン・ロシア音楽アカデミーのV.シュクロフスキー氏の指導を受ける

20170730_135016@.jpg20170730_153056A.jpg20170730_172755C.jpg20170730_190942E.jpg7月30日(日)、グネーシン・ロシア音楽アカデミーの芸術指導者であり、アカデミーで2つのオーケストラの指揮をしているヴラジーミル・シュクロフスキー氏が私たち(TBE)の練習場に来てくださいました。ちょうど日本を奥様といっしょに旅行中。その合間に、TBEを訪問してくださったのです。
2014年、TBEはモスクワのグネーシンのホールで自主公演を行いました。その時、シュクロフスキー氏は会場で聴いていらっしゃったとのこと。「日本人のオーケストラによるロシアの音楽のすばらしい演奏に心を動かされ、いつか日本に行ったら指揮棒を振り、いっしょに演奏することがわたしの夢の一つになっていました」と挨拶の中でおっしゃいました。とてもうれしい一言にわたしたちの方が感動しました。
さて、練習です。シュクロフスキー氏は4つの楽曲を、しかもパート譜まで用意され、わたしたちの演奏を指導してくださったのです。丁寧に、そして優しく。プリマ・バラライカ、ドムラ・マーラヤへ細かい演奏法を指導し、ときにはホワイトボードを使って説明を加えます。アルト・バラライカの一人が初見で3連符の曲は難しいと言えば、奥様が後ろについてリズムを取ってくださいます。奥様のアンナ・シュクローフスカヤさんはハープ奏者で、ソロとしてもオーケストラのメンバーとしても活躍している音楽家です。なんと贅沢な時間だったのでしょう。
TBEの常任指揮者である吉岡先生からは練習後、「とてもすてきな曲をプレゼントしていただきました。わたしたちのレパートリーにぜひ加えさせていただきたい」との言葉があり、わたしたちも演奏課題の今後に思いを馳せました。
充実した時を過ごした後は、当然のごとく宴です。ロシアの音楽についてたくさんの交流をしました。そして、最後はやはりお決まりの三本締め! ヨヨヨイ、ヨヨヨイ…日本流の宴の締め方を覚えていただきました。

posted by 三角女子男子 at 13:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

大いに盛り上がった打ち上げパーティ

PhotoGrid_1491146828889(打ち上げ).jpg35周年を記念する演奏会は成功裡に終わることができ、打ち上げパーティです。
常任指揮者の吉岡先生から、「良い演奏会でした。でも、TBEはまだ発展途上、これからもさらに積み重ねていきましょう」との挨拶をいただきました。
ゲストの伊藤ちゑさんは「35周年を記念する演奏会にみなさんといっしょに出演できてうれしく思います」、デニス・ビシュニャさんは「100周年記念演奏会でもご一緒しましょう」、など、温かいご挨拶をいただきました。ん? 「100周年? 生きてる?」と思ったメンバーもいるかも知れません。TBE自体はあと65年、生きているはず!
演奏会での緊張も解け、開放感に浸って、宴は大いに盛り上がりました。合唱団白樺運営委員長の井澤さん、秋山さんなど総勢5名のみなさん、仙台ロシア合唱団団長の三橋さんが盛り上げてくださいました。とうとう、デニス・ビシュニャさんも加わり(誘いにのって)いっしょにウクライナやロシアの歌が続きました。
宴の終焉はもちろん、TBEお決まりの三本締め!
posted by 三角女子男子 at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

直前リハーサルにも熱がこもる

PhotoGrid_1491147471461(リハ).jpg4月1日、とうとう35周年記念演奏会の日となりました。
当初この日は桜が満開の予想でしたが、残念ながら小雨、桜も開花がチラホラ。
紀尾井ホールに向かう道すがら、雨に濡れたスミレがメンバーを迎えてくれました。
メンバーの集合時間は9時半ですが、すでに9時には続々と楽屋口に集合し始めました。
みんなの顔から緊張と熱意が伝わってきます。そして、午前中の直前リハーサルです。
桜がまだ咲いていない分、演奏会で花を咲かそうと、リハーサルに熱がこもりました。


posted by 三角女子男子 at 10:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする